最近、手のシビレを感じられた患者さんがお二人、施術にいらっしゃいました。

一人の方はで3ヶ月前ほど前に症状を感じ、病院でMRIを受け異常なしと診断されたという60代女性の患者さん。もう一人の方は4ヶ月前ほど前に症状を感じ、最近来院された30代男性の患者さん。
お二人とも特に原因はわからないとのこと。

調べてみると背骨からのゆがみにより、手のシビレがでたことが判明。

私は、この患者様への施術方法として背骨のオステオパシー療法を提案しました。

60代の女性の患者さんは来院から3回ほどで手のシビレが緩和されるまでに回復されました。一方、30代の男性は4回目の治療後、まだ症状の緩和には至っていません。年齢から考えても30代男性の方が回復が早い気がしますが、回復時間の違いは症状の現れから施術開始までの時間にあったのです。60代の女性の患者さんは症状が現れてから3ヶ月で施術開始、30代の男性は4ヶ月で施術開始。おかしいなと感じたらなるべく早い来院、施術開始をオススメします。

時間が経過してしてしまった状態でも悩んだ時点で是非「うらやま接骨院」浦山までご相談ください。小さな悩みでも構いません。少しでも患者様のお手伝いができたらと考えております。

院長からの一言アドバイス:シビレかな?おかしいな?と感じたらなるべく早く相談してください。患者様にあった施術法をご提案いたします。

交通事故治療、むち打ち、腰痛、肩こり、頭痛などの背骨にかかわる悩みはうらやま接骨院まで。